【インテリア計画コラム】第2話:動線を確保する

0120-37-1837

営業時間/10:00-18:00
定休日なし (お盆・年末年始を除く)

カタログ請求

ショールーム家づくり相談予約

モデルハウス来場予約

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

みんなの家 ロゴ

会社名

〒 県市

お電話受付時間/ 定休日/

× Close

blog家づくりコラム

2020/03/10

【インテリア計画コラム】第2話:動線を確保する

【インテリア計画コラム】第2話:動線を確保する

家具の分類

前回、ダイニングテーブルを例に、人体寸法から必要寸法を割り出してみましたが、

家具には、椅子やベッドのように、「人」を重視して設計する場合と

棚やたんすのように、そこに収納する「もの」を重視して設計する場合、

また、机やカウンターなど、その両方から考えて設計する場合があります。

それぞれ

アーゴノミー(人体)系家具・・・椅子やベッド

シェルター(建物)系家具・・・本棚やたんす

セミアーゴノミー(準人体)系家具・・・机やカウンター

と呼ばれ、大きく3つに分類されます。

実は、ダイニングテーブルは準人体系家具に分類されており、

テーブルの幅や奥行きは、部屋の広さとも大きく関係してきます。

動作空間を考える

また、実際に生活を送る上では、家具の周辺に「ゆとり」の空間が必要になってきます。

この領域を「動作空間」と呼びます。

お家を計画したり、家具を新調したりする際は、

この「動作空間」を考慮した空間設計やサイズ選びが重要です。

ダイニング空間

では、実際にダイニング空間を例に考えてみましょう。

ダイニング空間では、椅子を引いて座ったり、

立ち上がったりするスペースを考慮する必要があります。

その場合、テーブルの端から壁まで、最低「60cm以上」は確保しましょう。

椅子の後ろを通りたい場合は、

デーブルの端から壁まで、最低「100cm以上」のスペースが必要です。

こんなふうに、生活しやすい最適な空間を生み出すためには、

動線を確保した空間計画が必要になってきます。

今回は、3つの「家具の分類」と

快適な空間に必要不可欠な「動作空間」について、お話ししました。

次回も引き続き、お楽しみに♪

(つづく)

Welcome!

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 みんなの家. All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd . .ABABAI.