ページ上

オフィスリノベーション

オフィスリノベーション ジャパン建材(株)滋賀出張所様よりオフィスリノベーションのご依頼をいただきました。
お客様が来やすく、またそこで働くスタッフが愛着を持って働けるオフィスを目指し取り組みました。

オフィスをリノベーションしました

Q:リノベーションをしようと思ったきっかけや、みんなの家へご依頼いただいた理由をおしえてください。
花田所長: 「人員増加で机を置く場所も打ち合わせ室も狭く、またお客様も入りにくい事務所なのがとても嫌でした。みんなの家の八日市本社が昨年オープンし、お客様も増え、お洒落な事務所で働く社員の方がとても羨ましかったのがきっかけです。」
Q:どんな事務所にしたかったですか?
花田所長: 「 人が来やすく、社員が働きやすい事務所にしたかったです。」 ブリンキャット店長: 「 所長さんはもちろん、スタッフさんも心地よく働けるそんなオフィスにしたかったです。」
Q:大変だったことや楽しかったことなど、どんな思い出がありますか?
花田所長: 「 年末年始の工事でタイトなスケジュールの中、職人の確保が大変だったと思います。何とか無事に年始の仕事初めに完成して本当に良かったです。」 ブリンキャット店長: 「リノベーションのご依頼は初めての試みで、何から手をつけていけばいいいのか戸惑いました。間取りを考えるのが一番大変でした。その後のインテリア計画は全て楽しくさせて頂きました。仕事始めの前日、みんなで力を合わせてほぼ仕上げまで完成させた事は職人さんをはじめ、関わって下さった皆様に感謝しています。」
Q:リノベーションが終わっての感想をお願いします。
花田所長: 「 お洒落でかっこいいカフェみたいな空間ができました。最高に仕事しやすい環境に変わり、来客も増えてきました。弊社は全国に支店がありますが、社内でも滋賀の事務所で仕事がしたいという声もこれからもっと増えてくると思います。リノベーションして本当に良かったです。ありがとうございました。」 ブリンキャット店長: 「リノベーション、新築にかかわらず、最終的にご依頼主様が満足し、喜んでくださる事が何よりも嬉しい事です。また今回はリノベーションという私にとって新しいチャレンジの機会を下さった事に感謝しています。ありがとうございました。」
左)ジャパン建材株式会社滋賀出張所所長 花田さん
右)彦根ハーモニア店長 ブリンキャット裕美

玄関

殺風景で、冬は少し寒々しい印象 温かみある木目とダークなカラーづかいで落ち着きあるエントランス空間を演出。
オフィスとは木格子でゆるやかに仕切りました。
アクセントの大きなグリーンは、お客様や作業後に疲れて帰ってくるスタッフを
ほっと温かな気持ちにしてくれます。
綺麗に整頓されてはいますが、エントランス付近にも物が多く、雑然とした印象。 物がほとんどなく、すっきりとしました。

玄関から見たオフィス

仕切りがなく、事務所奥のドアまで見えます。
キッチンがあるプライベートエリアも丸見え状態。
天井とフローリングに使った表情ある木目模様がスタイリッシュなオフィス空間を実現。
キッチンのあるプライベートスペースを壁で区切ったにも関わらず、木目効果でより奥行きを
感じます。開放感あるおしゃれなオフィスになりました。
造作カウンターを壁面に設け、スタッフは壁に向かって作業します。PCモニターは壁付け、コード類も壁内に納め、カウンター上はすっきりと作業スペースを確保しました。資料棚は上部に設置しました。ブラックと木目のツートンでおしゃれなインテリアのアクセントにもなっています。

所長席

奥に埋もれてしまっている所長スペース。 ゆったりとした空間の中に所長スペースができました。
所長の来客も多いので、簡単な打ち合わせはこちらでできそうです。
スタッフもよい緊張感を感じながら仕事ができます。

奥からオフィスを見た所

左側にある部屋の壁を撤去し、ガラス扉で仕切ったミーティングルームを作りました。

ミーティングルーム

物置兼ミーティングルーム
ミーティングスペースはクロスとフロアをガラッと変えてオフィスとはまた違った雰囲気に。おしゃれなソファセットと飾り棚を置いたリラックス空間に。
普段の仕事とは切り替え、新しい発想も生まれそうです。

休憩室

新たに休憩室ができました!
休憩室は可愛い雑貨が似合うカフェのような雰囲気に。
みんなでお弁当を食べながら和気あいあいと楽しい会話が繰り広げられそうです。

キッチン

キッチンも新しくなりました。洗い物だけでなく、本格的な料理もできます。
ページ下

上に戻る