ページ上

テーマソング制作

テーマソング制作

テーマソングにかける思い


「みんなの家とお客様との関係性やその空気感」をもっとわかりやすく伝えたい。
そんな思いから始まったのがこのプロジェクトです。

今回のテーマソング (動画) プロジェクトは、実際にみんなの家のお客様に
協力してもらいながら、お家づくりの様々な場面をテーマソングにのって
楽しくご覧いただける形にしたいと考えております。

お家づくりはどうしても不安なことや心配がつきまとうものですが、
動画を見てみんなの家の家づくりを感じていただきたい。
それにより一つでも多くの不安を取り除いて、
期待に胸を膨らませてもらえるものになればと考えています。

ボーカル・ギターのあいか(林 愛果)とヴァイオリンのあっちゃん(川瀬 麻日香)によるアコースティックユニット。
2013年より関西を中心にライブ活動を開始。自主企画「奇想曲」を定期的に行い、各地にツアーで回る。ライブハウスに限らずカフェやパブでもライブを行い活動範囲を広げている。2014年に1stミニアルバム「猫にまた旅」、1st EP「Blue hour」、2nd EP「おかえり」と3枚のCDをリリース。

― 日々の情景や感情を気まぐれに音に乗せる。
切なくもどこか温かさを感じさせる歌と弦のハーモニーは
あなたの愁いにやさしく寄り添いと光と闇の世界を描く。 ―

伝えたい気持ち

出会い、そして伝えたいもの
代表:中村
初めてカプリスさんの音楽を聴いた瞬間、バイオリンの美しい音とリズム感が心地よくて、「カプリスさんの音楽はみんなの家のイメージに合うな」と思ったんですよね。前からお客様に分かりやすくみんなの家を知ってもらいたいと思っていたのですが、それができるような気がしました。やるからにはみんなで楽しめるものにしたいですし、心で感じてもらえたり、何か心で通じ合えるものになればいいなと思います。
歌詞について
代表:中村
サビはみんなで歌えたり口ずさめるものがいいですよね。
「みんなで考えよう、そして実現しよう 豊かに生きていくことを」というのがうちの企業理念なのですが、何をもって豊かに感じられるかは、ひとそれぞれ違うと思うんですよね。
その人なりの豊かさを聞いて、それぞれ豊かな暮らしを見つけていってもらうこと、それが私たちの仕事だと思うんです。
これをメッセージとして残してほしいですね。
カプリス:あいか
みんなでサビを歌えるのは重要ですね。
そうですね、少しスローテンポのサビがよさそうですね。
スタッフ:川内
曲が流れていると思わず口ずさんでしまうような覚えやすいサビがいいですね。
スタッフ:福田
「みんな」っていう言葉は入れてほしい!
「ありがとう」とか簡単なフレーズも。
代表:中村
うちの会社ってお疲れさまって言わないんですよね。
帰る時には「ありがとうございます」ってみんな言います。
「おはよう」「こんにちわ」「ありがとう」がうちの会社の3大フレーズなんですよ。
カプリス:あいか
何かこんな感じがいいっていう曲はありますか?
代表:中村
【Jason Mraz & Colbie Caillat】の「Lucky」という曲が好きです。
デュエット曲なんだけどこんな曲調が好き。
最初はちょっと静かな感じで・・・
こんな感じのサビがいいなぁ。ウーウーとかみんなでできそう。(笑)
Luckyは、「lucky=幸せ」「大好きな人がいる、そこに帰れることが幸せ」みたいな歌詞なんですけどね。
‣youtube 「Lucky」
カプリス:あいか
素敵ですね♡
「帰る場所」っていうのは、お家づくりにも連想できますよね。ある二人が出会って、それから結婚して、そして一緒に帰る場所ができる。今お話しを聞いていて思ったんですけど、夫婦の出会いお客様とみんなの家との出会いという二つの物語が連想できるような曲を作っていったらどうかなぁ。
代表:中村
我々とお客様と出会うっていうのをご夫婦の出会いという設定に重ねる
...いいですね。ワクワクしてきました。

― そしてもう一つのテーマ「夫婦の設定」ができました ―

終始真剣な面持ちで話しを聞いていたバイオリン担当のあっちゃんも、
なんだか納得したように最後は笑顔になっていました。
接客中だった盛田さんも戻って最後にみんなでパシャり。

動画撮影

ページ下

上に戻る