整理収納のプロが教えるパワーのあるお家のつくりかた【動線と時間】

0120-37-1837

営業時間/10:00-18:00
定休日なし (お盆・年末年始を除く)

カタログ請求

ショールーム家づくり相談予約

モデルハウス来場予約

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

みんなの家 ロゴ

会社名

〒 県市

お電話受付時間/ 定休日/

× Close

blog家づくりコラム

2020/08/11

整理収納のプロが教えるパワーのあるお家のつくりかた【動線と時間】

整理収納のプロが教えるパワーのあるお家のつくりかた【動線と時間】

人が動く道筋のことを動線といいます。

動線は短かければ短い程、時短になります。

時短家事を目指す方は多いですよね。

私も日々どうすれば時短になるかを考えて行動しています。

動線を短くするにはどんな工夫をすれば良いか。

今回は動線を短くするコツを実例を交えてご紹介します。

◎家事行動を、一つの場所に集約できないか考える

例えば、押入れからアイロンセットを出し、リビングでワイシャツにアイロンがけをした後、ワイシャツをクローゼットまで掛けに行き、アイロンを押入れにしまう。



なんてことない時間に思うかもしれません。

しかしそれに毎回3分かかったとしましょう。

3日に一回この行為をすると、一か月に約10回×3分=30分(月)
30分(月)×12か月=360分
360分÷60分=6時間

6時間の無駄な時間を使っていることになります。

ではどうすれば良いか。

ただ単に、ワイシャツを掛けてあるクローゼットにアイロンセットを置く

これだけです。

これだけで無駄な動線が無くなり、無駄な時間も無くなります。

無駄な時間は有意義な時間に使っていただきたいです。

6時間あったら、皆さんは何に使いますか? 読書?映画鑑賞?ゆったり過ごす?

色々なことができますよね。

◎使う場所に使うモノを置く

我が家はガムテープが家の3箇所にあります。

 

1納戸  2玄関  3キッチン

何故なら、納戸にいちいち取にいくのが時間の無駄だからです。

2の玄関ですが、靴を履いてゴミを出しに行く時に、たまにゴミ袋(45ℓ市販の黒ゴミ袋)に穴が空いている事を発見します。
 

その穴をガムテープで塞いでから捨てに行くのですが、履いた靴を一度脱いで、納戸まで取りに行ってまた靴を履いて・・・この時間と行動が無駄なので、玄関の鍵入れの横にガムテープ置き場を作り、玄関で発見した時には玄関で解決できるようにしました。


3のキッチンです。
我が家はスーパーのレジ袋を燃えるゴミ入れにしているのですが、食料品などを入れてきたビニール袋に、たまに少し穴が空いていたりします。

今は有料になったので、ポイとすてるのは勿体なく、ガムテープで穴を塞いで使っています。
 

ここでのガムテープ、意外と出動率が高いです。

なので、スーパーのレジ袋入れにも別のガムテープを一緒に入れています。

穴が空いていたら、一歩も動かずにその場でガムテープ補修ができるわけです。
これにより、取に行く。戻す。という無駄な動きと時間が減らせます。

このように動線を意識すると自ずと時間の無駄が無くなります。

人生は一秒一秒の積み重ねで出来ています。

時間は有要です。

無駄な時間はできるだけ無くして、その時間を自分にとって有意義な時間にしてください。

【プロフィール】

   


柴村 真弓(ニックネーム:まゆしば)

お客様のお家に伺って実際に整理収納を実践したり、整理収納アドバイザー2級認定講座を開催したりしています。みんなの家社外アドバイザーとして、「心地よくパワーあるお家づくり」のお手伝いができればと思っています。

保有資格:整理収納アドバイザー1級 / 整理収納アドバイザー2級認定講師 / ルームスタイリスト・プロ / ルームスタイリスト認定講師 / インテリアコーディネーター / 企業内整理収納マネージャー/親・子の片づけインストラクター2級

Welcome!

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 みんなの家. All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd . .ABABAI.