センスの光るインテリアを作るテクニック

0120-37-1837

営業時間/10:00-18:00
定休日なし (お盆・年末年始を除く)

カタログ請求

ショールーム家づくり相談予約

モデルハウス来場予約

メニューを開く

メガメニュー を閉じる

みんなの家 ロゴ

会社名

〒 県市

お電話受付時間/ 定休日/

× Close

blog家づくりコラム

2020/07/07

センスの光るインテリアを作るテクニック

センスの光るインテリアを作るテクニック

自分がくつろぐ場所だから好きな物に囲まれて生活したい。

そう考えるのはごく自然なことです。
でも気に入った家具や小物を集めたはずなのに、部屋が雑然としていて、まとまりがない。

このような経験はインテリアの勉強をしたことがない人なら当たり前。
では、どのような点に気をつけてインテリアを作っていけば良いのでしょうか?

基本をしっかり押さえながら、センスが光るインテリア作りのテクニックをご紹介したいと思います。

インテリアテクニックとは....

色やトーンの組み合わせ、テイストがバラバラでない統一感があるインテリア。

洋服を着るときのことを思い浮かべてみて下さい。
例えばピンクのシャツを着たら口紅はピンク系にしたり、鞄とバッグをブラウン系で揃えたり。
メイクやファッションを考えるとき、誰でもこうしたカラーコーディネートを自然にしているはずです。

インテリアでも基本は同じです。

初心者向け色の組み合わせ

インテリアの第一歩は「統一感」を出すこと。
色の系統やトーンを上手に組み合わせることをインテリアの第一のポイントに考えると上手く行きます。
色をたくさん使わないようにし、統一感が出るように工夫していきましょう。

家具で統一感を出そう

キャビネットやソファなど、なかなか買い替えられない家具は、色やトーン、テイストや素材感を揃えるとすっきりまとまります。

例えば、キャビネットをアジアンテイストのダークブラウンにするなら、ソファは木綿のベージュ。
キャビネットがモダンな白なら、壁紙は鮮やかなブルーなどです。

家具のトーンを床やドアに合わせよう

床がベージュや淡いブラウンのフローリングなら、キャビネットもナチュラルなブラウンのパイン材を選ぶなど、家具の色をドアや床の色に合わせるのも、失敗しないポイントの1つです。

物足りないと感じたら

家具を上のポイントを参考に床やドアの色と合わせた時、殺風景だったり、大人し過ぎると感じたら、クッションやカーテンなどの小物にちょっと違った原色を使ってみましょう。

でも、まずは お家全体で考えて 好きなインテリアスタイルを決めましょう。あれもこれもと お気に入りを全部取り入れてしまうのはNGです。いくら 高価なものや、おしゃれなものもテイストがバラバラだと統一感がないインテリアになってしまいます。

ホテルのインテリアやデパート、おしゃれなカフェのディスプレイなどを参考にすると、意外な組み合わせのヒントやミスマッチの成功例がたくさん隠れています。お気に入りの場所を訪れた時には 写真を撮っておくのも良いかもしれませんね!

空間ディスプレイデザイナー

彦根店 Hiromi Brincat

Welcome!

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 みんなの家. All Rights Reserved.
Created by Co., Ltd . .ABABAI.